SECRET LETTERS

ここは日本語だけで書くつもり
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
恋と愛は、なんだ?
今気分ちょっと悪かった。

母とすごし言葉の食い違いが合って、
喧嘩にまだならないが、
雰囲気がすごく悪い。

母と彼の彼氏が別れた。
”オレたちのために”、別れたんだ。

最初からずっと母の恋を賛成して、
でも、先生がよく家で泊まるのは、
ちょっと...なんが、迷惑。
一週一回、一回は三泊二宿ぐらい。

ほかも時々注意しなければならないことがある。
なんという、先生は母の友達、母の恋人、
でも子供のオレたちにとって、
先生はただの他人じゃないか。
そうしたら、家が他人がいるとき、
足が崩れないだろう。

まだ慣れてないから、
緊張感や不自由感も感じる。

別に大変な迷惑じゃないんだが、
母は俺たちの意見を聞きたいといって、
でも母が全然オレの本当に言いたいのことは、
聞いてくれなかった。

んじゃ、なんでわざわざオレたちの意見を聞くんだ?
聞きたいなら、なんで最後まで聞いてくれないの?
自分好きな通りにすればいいのに。

オレが悪かったのように仕上がって...
オレの感じも悪くなるんだ。
同じの話を繰り返して、
人の話もよく聞けない...

オレもうこれに飽きた。

オレたちのせいじゃないなら、
先生のことは本当にオレたちと関係ないとしよう。
どうぜ、何を言ってあげって、
母も自分勝手なことを決めるんだ。



恋と愛、
本当に面倒なものなんだな...
もう...ちょっと怯んだ。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。