SECRET LETTERS

ここは日本語だけで書くつもり
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
殺せば?
最近は機嫌がよくないんだ。
何故ならというと、大変無力感が感じている。

でも期末試験のせいじゃない。

家庭内の事だ。

母に電話をかけたが、出ないんだ。
でもすぐオレに電話をくれた。
母が、泣いてる。
「どうしたの」って聞くと、母は泣きながら、
弟がどんだけ乱暴な言葉を言ったと言ってくれた。

母が電話の中で言ってくれたことは、聞くと辛くなる。
「私はずっと寂しいから、これからは前に戻るだけですから。」
「私はどのくらい努力しているの?あんたたちが分かってるか?」

オレは分かってる。
でもオレは何もできない。
できるだけのは、
ちゃんと勉強して、いい成績を取って、
いい子になるんことだ。

母が望んだいい子になるしかない。



オレは辛いと感じたのは...
やっぱり母に「お前まだ友達がいるのよ。」って言われることだ。

オレは友達がいったが、
でもこれによって寂しくないに決まってない。

オレは、予想以上、
寂しがり屋やろう。



「ちゃんと勉強してくれへんか?
 頑張ってな、自分。」

忍足さんにこうやって耳元で囁いてくれたい。
しかし、聞くと同時にも死ぬから、勉強もならないんやな。

まぁ、忍足さんの声で殺せば、
至福かもな?
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。