SECRET LETTERS

ここは日本語だけで書くつもり
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
嵐の昼間に
これはな、
決まっていることだが

何回に経っても難解。

そう、
存在...っていること。

「”君がいれば”と思うなら、
 何でも出来る。
 どうしても生ける。」

なら、
”自分しかいない”と、
何が出来るの。

あの君がいないなら、
何も出来ないのか。

いや、オレは、
ここにいる。
確かに、ここにいる。



そして、君は、
オレのココロにいる。

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。